個人信用情報機関

個人信用情報機関(こじんしんようじょうほうきかん)とは、クレジットカードの利用状況や返済状況、キャッシングやローンなどの借り入れ状況や返済状況など、個人の金融に関する信用情報が記録されている機関のことを言います。

各クレジットカード会社や信販会社、消費者金融、銀行などは最低1つの個人信用情報機関に加盟しており、クレジットカードを発行しても大丈夫な人かどうかの重要な判断基準のひとつとしています。

個人信用情報機関には、過去にクレジットカードの利用金額の引き落としができなかったことがあるという事実や、数ヶ月間、返済されなかった借金があった。などの情報も記録されていますので、そのような延滞の情報などが残っていると、この人はきちんとお金を返してくれなさそうだと判断されて、クレジットカードの審査に通らないということにもつながります。

個人信用情報機関にはどんなものがあるの?

日本における個人信用情報機関は主に3つです。

[bm url=”http://www.cic.co.jp/” description=”株式会社シー・アイ・シー(CREDIT INFORMATION CENTER CORP.、略称「CIC」)。
流通系・信販系のクレジットカードが主体となり設立された信用情報機関で、会員にはクレジットカード会社が多いが、銀行、ローン・リース会社、消費者金融など多くの会社が加盟している。”]シー・アイ・シー(CIC)[/bm] [bm url=”http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/” description=”全国銀行協会が設立、運営する信用情報機関で、銀行や銀行系クレジットカード会社などが主な会員となっており、住宅ローンなどの個人向け融資の信用情報もここに記録されています。”]全国銀行個人信用情報センター(KSC)[/bm] [bm url=”http://www.jicc.co.jp/” description=”消費者金融会社や商工ローン系会社などが加盟している信用情報機関。業界の特性上、リアルタイムの信用情報の更新が可能になっており、同日中に複数の業者を借りまわりしていないかなどをチェックできるようになっている。”]日本信用情報機構(JICC)[/bm]

自分の信用情報を確認できるの?

クレジットカードの審査が通らなかった!という場合にも、クレジットカード会社は理由を教えてはくれません。

もしかすると、自分の信用情報を確認してみると審査に落ちた理由が分かるかもしれませんね。

個人信用情報機関は所定の手続きをすれば、窓口または郵送で信用情報を確認することが可能になっています。
また確認してみて、万が一、身に覚えのないブラック情報などが掲載されていた場合は、修正依頼などもできるようになっています。

なぜかクレジットカードの審査に通らない!という場合には、一度信用情報を確認してみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする