サインレス

サインレスとは、サインレスシステム、サインレス決済ともいい、クレジットカードでの買い物の際には、売上伝票にサインをする必要がなく、決済が完了できるシステムのことを言います。

通常、クレジットカードでの買い物の際には、売上伝票にサインを記入し、そのサインとクレジットカード裏面に書かれているサインをチェックした上で決済が完了します。

そうすることで、不正利用を防ぐという目的があります。しかし、時間がかかってしまうというデメリットがあります。

最近では、スーパーのレジやコンビニなど少額での決済でもクレジットカードが使える場面が増えてきた反面、そのような場所でいちいちサインをしてチェックなどをしていると時間がかかってしまいます。

ですので、加盟店とクレジットカード会社との契約によって、一定額以下の買い物の場合には、サインなしでもOKという風になっています。

サインが必要になるのは何円以上の場合なの?

サインレスのお店でサインが必要になる上限金額は加盟店とクレジットカード会社との契約によるため一律ではありません。

だいたい5000円~1万円程度以上の場合に、サインを求めるようになっているようです。

サインレスの店舗にはどのような所があるの?

最近ではサインレスの加盟店も増えてきてスーパー、コンビニはもちろん、ガソリンスタンド、百貨店などたくさんあります。

主に行列が出来やすく、少額決済の多い店舗に導入されています。
ただし、換金性の高い商品券などの購入にはサインレスはできません。

サインレスってセキュリティ的にどうなの?

サインなしでさくっと買い物できてスムーズ!便利なサインレスですが、「これって私のカードを誰が盗んだり拾ったりすれば、誰でも簡単に使えちゃわない?」なんて思いますね。

はい。その通り。

サインレスの場合、誰でも誰のカードでも簡単に使えちゃいます。

でもカードにはきちんと盗難保険が付いているので、万が一、不正利用された場合でもちゃんと補償されるので大丈夫です。
でもそれは自分がちゃんとカードを管理していた場合です。
カードを紛失しているのに長期間気付かなかったり、利用明細をチェックしておらず不正利用にも長期間気付かなかったりすると補償されない場合もあるので、カードの管理、利用明細のチェックはちゃんとしておきましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする