本人認証サービス(3Dセキュア)

本人認証サービス(3Dセキュア)とは、オンラインショッピングなどインターネット上でのクレジットカード決済の不正利用を防ぐための本人確認を防ぐサービスのことを言います。

通常、インターネットでクレジットカードを使う場合、カード番号・有効期限・名前・(セキュリティーコード)を入力することで決済が可能になりますが、これはすべてカードに記載されている項目のため、カードを紛失・盗難などされた場合でも容易に利用することが可能になってしまいます。

つまりカードは本物でも、そのカードを使おうとしている人が本物のカード所有者かどうかは見分けられないということです。

そのために導入されているのが、この本人認証サービスです。

どのように本人確認を行うの?

本人認証サービス(3Dセキュア)では、予め本人しか知らないパスワードを登録しておくことで、決済時にカード番号等のカード情報に加えて、そのパスワードも入力できないと決済ができなくするようにする仕組みです。
パスワードを知っているのは本人だけなので、そのパスワードの入力を持って本人確認を行うわけですね。

ですので、パスワードが生年月日など推測しやすいものになっていた場合は、補償が受けられない場合もあるので注意しましょう。

本人認証サービス(3Dセキュア)のデメリット

  • 事前に登録しておかないといけない。
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)に対応している加盟店でしか使えない。

デメリットとしては主に以下の2点が挙げられる。
特に2番目の対応している加盟店でしか使えないという点は大きく、まだまだ中小のネットショップ等では3Dセキュアに対応していない加盟店も多く、せっかく事前に設定していても利用できないという場面も少なくないです。

主な3Dセキュアサービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする